タイのサムイ島で「日本人専用シェアハウス」を始めたきっかけ

私がサムイ島でシェアハウスを始めようと思ったきっかけについてお話しします。

東南アジアでなにかやりたい

19歳の時に初めて海外旅行に行きました。ひとり旅で、行先はシドニーでした。
いろんな世界がある。それを実感できたと同時に、こうやって一人で海外に行けるなら、
行きたい気持ちさえあれば、世界中どこでも行けるんだ。そんなことを学んだ気がします。
その後は海外旅行にはまって、いくつかの国を周りました。
なかでも、マレーシア、ベトナム、フィリピン、タイをみて、
東南アジア独特の「熱気や勢い」を感じて、東南アジアに興味を惹かれて、
そのころから漠然と、将来は東南アジアでなにかやりたいと考えるようになりました。

 
19歳の当時、初海外旅行のシドニーにて

結局、人との関わり合いが一番おもしろい

こう考えるようになった経験はいくつかあります。
一人でイタリアのフィレンツェに行った時、美しい街並みを見て、たしかに感動するほど美しいけど、
この景色を一緒に共有する人がいたら、もっと素晴らしい体験になるだろうな、と感じました。

シェアハウスに計3年住んだことがあります。
気が向いたときに、コンビニでちょっとお酒とおつまみを買って、みんなでくだらない話や、たまに真剣な話をする。
そんな、お金もかからない、些細なできごとが、楽しい。そんな経験をしました。
物欲や、金銭欲よりもおそらく高い次元の「シンプルな楽しいや幸せ」が人との出会いから生まれる。そう考えるようになりました。


サムイ島でシェアハウスをやろう

東南アジア × 人との出会いが生まれる場所、この2つが交差して、海外でシェアハウスをやる、にたどり着きました。
サムイ島を選んだ理由は、タイという国がビザや食事の面から長期滞在しやすい国であること。
それと、せっかくシェアハウスをやるなら東京のような都市部ではなくて、リゾート地でやりたい考えました。
パトン、プーケット、サムイ、3つを周って、観光地感が強すぎずローカルな「島」の雰囲気が残る「サムイ島」に決めました。


サムイ島、のんびりした雰囲気

こんなシェアハウスにしたい

✔ 日本人専用シェアハウス

これは一番最初に決めていました。住人トラブル防止だけが理由ではありません。
海外であえて、日本人専用にするのは逆効果じゃないか?と言われることもありますが、私は海外だからこそ、日本人専用にしたいと考えています。
数年前、フィリピンのセブ島に1か月だけ語学留学をしたことがあります。日本人オーナーが経営する学校で、日本人が8割でした。
そこで感じたことは、異国の地で出会う日本人とは日本にいるとき以上に仲良くなれることです。
海外旅行に行った時に、日本人を見つけるとなんか話しかけたくなりますよね。
外国に出るからこそ、自分が日本人であることを意識することができて、それが、日本人同士の連帯や協調につながるんじゃないか、と思います。
  
  
✔ 家賃が高いラグジュアリーヴィラ

シェアハウス =(安い・狭い・古い)のイメージとは真逆のシェアハウスにします!
価格が上がっても、魅力を感じてもらえるような価値ある物件を選びます。
また、そうすることで「安いから住もう」のニーズではない層 =「面白そうだから住みたい」と考える方たちが来るシェアハウスにしたいです。

✔ 少人数制でゆったりしたシェアハウス

全6~8部屋のヴィラを相部屋は無しの完全個室型で使って、ゆとりあるシェアハウスかつ人数が10名未満でお互いの顔と性格がみえるハウスにします。  

[ タイのサムイ島で「日本人専用シェアハウス」を始めたきっかけ ]シェアハウスの日常2021/11/21 19:08